Apple iOS・iPadOS 13.5をリリース

Appleは5月21日、iOS13.5、iPadOS13.5をリリースしました。

iOS13.5では複数の新機能の追加などが含まれます。

ヘルスケア

Exposure Notification API

iOS13.5ではAppleとGoogleが作成したExposure Notification APIが追加されており、COVID-19の感染者と接触した可能性がある場合にはログに記録がされます。このAPIは各国の保健機関(日本では厚生労働省)と連携して提供される予定ですが、現在日本ではまだ提供が開始されていない為、使えない状況になっています。

FaceTime

iOS13.4までは複数人のビデオ通話中、発言している人のタイルは自動的に大きくなるようになっていましたが、iOS13.5ではこれを無効化するオプションやLive Photosに関する機能が追加されています。

Music

ミュージックAppでは共有機能に新機能が追加されており、Instagramで共有する際にはストーリーが作成される様になりました。

その他

  • Face ID搭載デバイスでのマスク着用時のロック解除操作を簡略化
  • マスク着用時にロック画面の下端から上にスワイプすると、パスコードフィールドが自動的に表示
  • 一部のWebサイトからストリーミングビデオを再生しようとしたときに黒い画面が表示されることがある問題を修正
  • 共有シートでおすすめやアクションが読み込まれないことがある問題に対処
  • その他細かいバグの修正

Source: MacRumors

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Mr.RS

Mr.RS

AppleFanの管理人 スタバ、Apple、電子工作、ディズニーが好きです。趣味でraspberry piを弄っています。

-iOS

© 2020 iMedia