Apple Mac StudioとStudio Displayを発表【まとめ】

Appleは3月9日、Special EventでMac StudioとStudio Displayを発表しました。以下簡単にまとめてみました。

Apple M1 Ultraチップ

M1 Maxチップの隠れ機能「die to die interconnect」この機能により、2つが接続される。

M1 Ultraは2つのM1 Maxをパッケージングアーキテクチャで繋いだチップ。これにより、全体のパフォーマンスはM1 Maxの2倍となっている。

メモリ

2つのM1 Maxにより、メモリ帯域幅は最大800GB/sに。またM1 Ultraは最大で128GBのユニファイドメモリに対応している。

CPU

M1 UltraのCPU部には最大20コア搭載可能になっている。

GPU

M1 UltraのGPU部には最大64コア搭載可能になっている。これによりチップ単位でのグラフィックス処理は、M1と比べ最大8倍速くなったとの事。

Neural engine

M1 UltraのNeural engine部には最大32コア搭載可能になっている。

Mac Studio

SoC

Mac StudioではM1 MaxとM1 Ultraの2つのチップが選択可能になっている。またメモリ容量は選択したチップにより最大容量が異なる。M1 Maxを選択した場合は最大64GB、M1 Ultraを選択した場合は最大128GBのメモリが搭載可能になっている。

M1 Max版Mac Studioのパフォーマンス

CPUパフォーマンスはMac Pro(16コア Xeon搭載)に比べ50%高速、GPUパフォーマンスはMacPro(Radeon Pro W5700X搭載)に比べ3.4倍高速になっているとの事。

M1 Ultra版Mac Studioのパフォーマンス

CPUパフォーマンスはMac Pro(16コア Xeon搭載)に比べ90%高速、GPUパフォーマンスはMacPro(Radeon Pro W6900X搭載)に比べ80%高速になっているとの事。

ストレージ

ストレージには最大8TBのSSDが搭載できる。またSSDパフォーマンスは最大7.4GB/sとの事。

ポート

背面

  • Thunderboltポート(4つ)
  • 10Gb Ethernetポート
  • 電源
  • USB-Aポート(2つ)
  • HDMIポート
  • オーディオジャック
前面

M1Max搭載のMacStudioの場合

2つのUSB-CポートとSDXCカードスロット

M1Ultra搭載のMacStudioの場合

2つのThunderbolt-4 ポートとSDXCカードスロット

外部ディスプレイ

Pro Display XDR最大4台に加え、4Kディスプレイを接続する事ができる。

Studio Display

ディスプレイ

27インチの5KRetinaディスプレイが搭載されており、True Tone機能にも対応されている。Pro Display XDRと同じく、標準ガラスとNano-textureガラスの2種類が用意されています。

カメラ

上部に12MPの超広角カメラが搭載されており、センターフレーム機能にも対応されています。

スピーカー&マイク

4つのフォースキャンセリングウーファーと2つのツイーターの合計6つが搭載されており、空間オーディオ機能にも対応されている。またマイクも搭載されています。

A13 Bionic

A13 Bionicチップが搭載されている。

ポート

1つのThunderboltポートと3つのUSB-Cポートが搭載されています。

スタンド

傾きを調整できるスタンド、傾きと高さを調整できるスタンド、VESAマウントアダプタの3種類が用意されています。

価格と発売日

価格はMac Studioが249,800円から、Studio Displayが199,800円から、販売開始日は3月18日となっています。

Source: Apple

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-Apple Special Event, Mac
-