Apple macOS Big Sur発表 機能まとめ

2020/6/24 PM6:29:23

Appleは6月23日、オンラインでWWDC20を開催し、macOS Big Surを発表した。

macOS Big Surの公開日は開発者向けのDeveloper Betaで6月23日から、一般の方がインストール可能なPublic Betaは7月から、正式リリースは秋となっています。またアップデート対象の機種は以下の通り。

  • MacBook (2015以降)
  • MacBook Air (2013以降)
  • MacBook Pro (Late 2013以降)
  • Mac mini (2014以降)
  • Mac Pro (2013以降)
  • iMac (2014以降)
  • iMac Pro (2017以降)

ここから今回発表された新機能達です!

新しいデザイン

アプリアイコン

他にも変更になったアプリアイコンは存在する

一部純正Appアイコンのデザインが変更になりました。

Dock

Catalinaとは違い、Dockの角はより丸みを持つようになりました。

メニューバー

UIとデザインが大幅に変更されています。

コントロールセンター

今回のOSからコントロールセンターが追加となった。

通知センターとウィジェット

通知センターはiOSに近いデザインになりました。

Safari

Customizable start page

スタートページのカスタマイズ機能が新たに追加された。背景を好きな写真に変更する事も可能となった。

Tracking control

トラッキングされているサービスの確認ができるようになった。

右上のマークをクリックするとより詳細なプライバシーレポートが確認できる。

Translate

Webサイトの通訳機能が追加されました。外国語のWEBページを開くとURLの隣に通訳マークが表示される。

Source: WWDC20

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Mr.RS

Mr.RS

AppleFanの管理人 スタバ、Apple、電子工作、ディズニーが好きです。趣味でraspberry piを弄っています。

-macOS, WWDC2020

© 2020 iMedia