iPadOS WWDC2019

Apple iPadOS 発表

2019/6/6 AM7:41:26

AppleはWWDC2019で、iPad向けの新OS、iPadOSを発表しました。iPadOSは大型ディスプレイを搭載したiPadに最適化されたOSです。iPad OSはiOSを基礎としている為、iOS 13の基本的な機能はiPadOSにも適応されます。iOS13の記事も合わせてご覧下さい。

 

 

iPadOSのSafariでは、タブレットサイズ表示ではなくなり、タッチ操作に対応したデスクトップサイズの表示に対応しました。

 

 

ダウンロードマネージャーも追加され、ファイルアプリとの連携がよくなりました。

 

 

Split ViewとSide Overが進化し、マルチタスクが向上します。

強化されたSplit Viewを使えば、同じアプリでも複数個のウィンドウとして開くことが可能となります。

 

 

ソフトウェアキーボードの精度の向上と、新しいジェスチャーが追加されたことにより、より簡単にコピー、ペースト、カット、取り消しが可能となりました。また、iOSの新機能である、片手入力を簡単にするQuickPath機能も搭載されます。

 

 

iPadOSではシステムレベルでフォントの変更が可能となりました。これにより、モリサワ、Adobe、ダイナコムウェア、Monotype、Founderなどの多くのフォントをApp Storeからダウンロードすることにより利用できるようになります。

 

 

これまでUSBメモリーを接続しても認識しませんでしたがiPadOSではUSBメモリーに対応し、全てのファイルが操作できるようになります。

 

 

更にPencil Kit APIが追加され、サードパーティのアプリでもiPadの画面左のツールバーを利用できるようになり、Apple pencilが高速化されました。

 

 


アクセシビリティの機能として、マウスが使用できるようになりました。

 

更にパフォーマンスが向上し、FaceIDのロック解除のさらなる高速化や、AppStoreの新しいシステムにより、アプリのダウンロードサイズが最大50%削減されます。アップデートは最大60%小さくなり、アプリの起動速度が今よりも50%速くなります。その他機能として、ダークモードや進化したマップ、音量のデザイン変更などがありますが、iOS13のアップデートとほぼ変わりはありません。

Source: Apple , Twitter

 

共有
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アイマイ

アイマイ

Apple製品ではApple Watchを一押ししている人。 Apple Watchのおかげで健康が保たれる人を増やすべく、AppleFan Media外でApple Watchの宣伝をしていきます。

-iPadOS, WWDC2019
-, ,

Copyright© AppleFan Media , 2019 All Rights Reserved.